日本・台湾愛犬自慢

台湾の公園を朝散歩していたら、かわいいパグを連れた70代くらいの男性に会いました。
「かわいい子ですね。」と話しかけたら、にっこり笑ってパグを抱かせてくれました。
それから、お互いの愛犬の話をしました。
彼は日本のことについても興味を持っていて、スマホで最近できた忠犬ハチ公と飼い主の大学教授の銅像も見せてくれました。最初に「パーコン」とハチ公のことを呼んでいたのでぴんときませんでしたが、画面を見て納得。
私の愛犬の画像も見せたら、きれいな犬だとほめてくれてうれしかったので、調子に乗って愛犬の写真ありったけ見ていただきました。
彼の犬はとてもしつけがよく、彼の言うことをきちんと聞いて従っていました。毛並みもよく大切にされているのがよくわかってこっちまでうれしくなりました。